カレンダー

アメリカの祝日・休日カレンダー

更新日:

アメリカの祝日はたった10日しかありません(日本は15日!)。

実際のところは、アメリカで働く人々は自身で休みをコントロールするため、祝日に大きな関心はありません。

ただこの日に限っては多くの企業は休業となるため、電話やメールをしたけれど返事がない場合は、以下の祝日を疑ってみましょう。

スポンサーリンク

2018年版:アメリカの祝日カレンダー

日付 祝日 EN
2018/01/01(月) ニューイヤーズデイ New Year's Day
2018/01/15(月) キング牧師の日 Martin Luther King, Jr. Day
2018/02/19(月) ワシントンの日 Washington’s Birthday
2018/05/28(月) 戦没将兵追悼記念日 Memorial Day
2018/07/04(水) 独立記念日 Independece Day
2018/09/03(月) 労働祭 Labor Day
2018/10/08(月) コロンブスデイ Columbus Day
2018/11/12(月) 退役軍人の日(振替) Veterans Day
2018/11/22(木) 感謝祭 Thanksgiving Day
2018/12/25(火) クリスマス Christmas Day

注意ポイント

日本は日曜日に重なった祝日が翌日の月曜日に振り替えられますが、アメリカの場合、祝日が土曜日の場合には前日の金曜日が、祝日が日曜日の場合には翌日の月曜日が休日となります。

※[05/28追記]コメント欄にてなつこ様より振替休日ルールについてご指摘いただき、上記のように修正しました。ありがとうございました!

こーじ
この休日名から、アメリカは人を大切にしていることがわかりますね

スポンサーリンク

規則:アメリカの祝日カレンダー

日付 祝日 EN
01/01 ニューイヤーズデイ New Year's Day
01/第3月曜 キング牧師の日 Martin Luther King, Jr. Day
02/第3月曜 ワシントンの日 Washington’s Birthday
05/最終月曜 戦没将兵追悼記念日 Memorial Day
07/04 独立記念日 Independece Day
09/第一月曜 労働祭 Labor Day
10/第2月曜 コロンブスデイ Columbus Day
11/11 退役軍人の日 Veterans Day
11/第4木曜 感謝祭 Thanksgiving Day
12/25 クリスマス Christmas Day

 

01/01 ニューイヤーズデイ

New Year's Day

元旦1月1日はアメリカ全土で新年を祝います。ただ翌日の1月2日からは通常出勤のため、日本のように年末年始で海外旅行などをすることは基本的にありません。

こーじ
2日の朝にウトウトしていると、アメリカの取引先から明けましておめでとうメールがたくさん飛んできます(汗)

01/第3月曜 キング牧師の日

Martin Luther King, Jr. Day

I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.

私には夢がある。いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとその奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である。

Martin Luther King, Jr.(1929-68)

誰しもの記憶の片隅にあるこの言葉は、1960年代の公民権運動に多大な貢献をしたマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が演説で発したもの。

彼の誕生日を称える日となっています。

02/第3月曜 ワシントンの日(大統領の日)

Presidents'Day

非公式に大統領の日(Presidents'Day)と呼ばれており、とりわけ功績の大きかったジョージ・ワシントン(初代大統領)とエイブラハム・リンカーン(第16代大統領)の誕生日を祝う日。

2/22のワシントンの誕生日を祝うものですが、2月の第3月曜日と決まっています。

05/最終月曜 戦没将兵追悼記念日

Memorial Day

本来は南北戦争(1861-65)の戦死者を称える日でしたが、現在では国のために命を落とした全てのアメリカ人を追悼する日となっています。

07/04 独立記念日

Independece Day

1776年7月4日、イギリスからの独立を宣言したアメリカの誕生日。この日はイベントやパーティが各地で開催され、家族や友人同士が集まって祝います。

スポンサーリンク

09/第1月曜 労働祭

Labor Day

アメリカの労働者を讃える日です。

ピーター・マクガイアというニューヨークの大工が起こしたムーブメントは、1872年に10万以上の労働者が参加するストライキとなり、その後の労働条件と給与のあり方に多大な影響を及ぼしました。

以降労働者は組合に加盟することで、不条理のない労働時間とより安定した雇用を手に入れました。

1882年9月5日、ピーターたち労働者は、アメリカの労働者をたたえるために、最初の労働祭パレードを実施しました。

10/第2月曜 コロンブスデイ

Columbus Day

航海士、クリストファー・コロンブスの「新世界」への到着を祝う日。

コロンブスはイタリア人ですが、NY在住のイタリア人を中心にこのイベントを企画しました。

11/11  退役軍人の日

Veterans Day

第一次世界大戦の休戦日である1918年11月11日まで戦った人たちを称える日。

各地で式典やパレードが行われます。

11/第4木曜 感謝祭

Thanksgiving Day

1620年、メイフラワー号に乗ってイギリスから入植してきた人々が食糧確保に困難し、それを助けたインディアンに対する感謝の意を表す日です。

一般的な家庭では家族全員で七面鳥などを食べて過ごします。

冬商戦がはじめる目安の日でもあります。

12/25 クリスマス

Christmas Day

イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う日です。

アメリカはキリスト教徒が多いですが、この日に合わせて各地で大きなイベントやセールが連日繰り返されるため、キリスト教を信仰していなくても意識してしまう日です。

-カレンダー

Copyright© コピペワーク , 2021 All Rights Reserved.