カレンダー

中国の休日・祝日カレンダー

投稿日:

中国の休日・祝日カレンダー

中国の祝日といえば爆買いで有名な「春節」を思いつきますが、ほかにはどのような祝日があるのでしょうか。

中国の祝日は11日。日本の15日に比べ少ないですが、春節と国慶節はそれぞれ1週間の休みになり、ゴールデンウィークとシルバーウィークに似たものを感じます。

こーじ
どちらも1週間あって羨ましい!日本だと間の平日に出勤なんてこともしばしば。。
どうせやることもあまりないんでしょ?だったら休んでよ!
奥さん

スポンサーリンク

2018年版:中国の祝日

日付 祝日 日数 休日 連休
2018/01/01(月) 元旦 1日間 12/30-01/01 3連休
2018/02/16(金) 春節(旧正月) 3日間 02/15-02/21 7連休
2018/04/05(木) 清明節 1日間 04/05-04/07 3連休
2018/05/01(火) 労働節 1日間 04/29-05/01 3連休
2018/06/18(月) 端午節 1日間 06/16-06/18 3連休
2018/09/24(月) 中秋節 1日間 09/22-09/24 3連休
2018/10/01(月) 国慶節 3日間 10/01-10/07 7連休

中国では祝日が土日になってしまった場合、前後の平日が振替休日となります。ただし振替休日の決定方法に規則性はなく、国務院(中国の最高国家行政機関)の判断となっています

こーじ
国務院は日本でいう内閣府にあたります。過去の慣習を機械的に適用すると飛び石連休となってしまいますが、政府が国民のことを考えた結果、人為的に振替休日を決めているようです

スポンサーリンク

中国での祝日の考え方

春節にはじまる旧正月が一番大切なイベントとなっており、遠く離れて暮らす人は里帰りをして親戚で集まったり、いつも一緒に暮らしている人は旅行に出かけたり、中国の人々はこの休みをとても大切にします。

そのため、必然的に多くの企業が休みとなります。

中国企業と取引を行っている場合には、祝日に伴う休みを見越して取引しておく必要があります。

 

01/01 元旦

新年。前年の12/30~1/1までの3日間がお正月休みとなり、翌2日は通常出勤します。

中国では旧正月にあたる春節を大切にしているため、お正月は通常の連休のような感覚です。

 

春節

中国の人々にとって一番大切な祝日。デパートなどの小売りを除くほとんどの企業が休みとなり、観光地が賑わいます。

旧暦1月1日~3日の三日間がお休みです。

 

清明節

暦上では二十四節気(にじゅうしせっき)という1年を24等分する日があり、その5番目が清明。

祖先のお墓参りや、お墓掃除をする日本のお盆と似た習慣があります。

二十四節気とは1年を24等分し、区分点に季節の名称を割り当てしたもの。古代中国で太陰暦による季節のズレを修正し、季節を春夏秋冬に合わせるために考案された歴法のひとつ。

スポンサーリンク

 

05/01 労働節

アメリカ発の各国で制定されているメーデー。

 

端午節

厄除けのために、ちまきを食べる習慣があります。

なお、端午は月の初めの丑の日を表します。

日本では丑の音「ゴ」と五月の「ゴ」を重ねて五月五日を端午の節句と呼ぶようになりました。

ちなみに中国ではこどもの日は6月1日。

 

中秋節

月餅(げっぺい、ユエビン)を食べながらお月見をする日。

日本では旧暦8月15日の満月を中秋の名月といい、これは中国の中秋節が伝わったもの。

 

10/01 国慶節

中国の建国記念日。3日間の休みですが、前後合わせて一週間のお休みになります。

春節ほどの賑わいはありませんが、旅行者で観光地はにではありませんが、

-カレンダー

Copyright© コピペワーク , 2021 All Rights Reserved.