便利ツール

常務と専務はどっちが偉い?会社の役職を偉い順に並べてみました

投稿日:

名刺交換をしたとき、メールをするとき、相手の役職を見て、この人は会社の中で何番目に偉いんだろう?と考えたことはありせんか?

もう間違えないように一覧を作成したので参考にしてください。

記事タイトルの答え

A. 常務と専務はどっちが偉い?

Q. 専務。ちなみに次長と課長は順番通りで次長の方が偉いです

スポンサーリンク

国内企業の場合

  • 相談役
  • 顧問
  • 会長
  • 社長
  • 副社長
  • 専務
  • 常務
  • 取締役
  • 本部長
  • 部長
  • 部長代理
  • 副部長
  • 次長
  • 課長
  • 課長代理
  • グループリーダー
  • 係長
  • 主任
  • リーダー

あくまでの一般的なもので、企業によってその役職順は異なります。なお、顧問・相談役は歴代の社長が務めていることが多く、会長は代表権の有無で発言力が大きく変わります

 

行政機関の場合(市役所など)

  • 局長
  • 部長
  • 統括課長
  • 課長
  • 課長補佐
  • 係長
  • 主任
  • 主事

外資系企業の場合

  • パートナー:本社経営クラス
  • マネージングディレクター:本部長・事業部長
  • ディレクター:部長・次長
  • バイスプレジデント:課長
  • アソシエイト:主任・係長
  • スタッフ:平社員

注意点として、外資系メーカー等ではバイスプレジデントを副社長クラスとして見ますが、外資系金融機関(コンサル)に限ってはバイスプレジデント=課長クラスを指します。そのため新卒で入って30歳前後になる方の多くがバイスプレジデントを名乗ります。

また、役職名に何も記載することがない場合は「担当職務+エクゼクティブ(やレップ)」と入れることがあります。これは純粋に箔をつけるためであり、営業担当のことをSales Rep(representative)やSales Executiveと名刺に記載していることも多いです。

-便利ツール

Copyright© コピペワーク , 2021 All Rights Reserved.